松田小学校の校章
今までの記録
  2016年  6年1組&6年2組
  まつだっち全員に行き渡るPCがなかった。プログラミング・デイ初年度のため暗中模索で、 タブレット(Android)でも動く 「アワー・オブ・コード」から始めた。 授業時間は45分×2コマ。講師は CA Teck Kids から派遣してもらった。

日 付

使ったソフト

授業の進行の様子  

6月10日 アワー・オブ・コード
 教材-なし

  プログラミングに取り組むのは、初めての経験なので、大人のほうが緊張していた。 しかし、<まつだっち>たちはタブレットの扱いには慣れており、普通に取り組んいた。 神奈川新聞の記事

11月08日  スクラッチ
 教材-なし

  松田小学校にはPCが20台しかなく、 講師を派遣していた CA Teck Kids が 13台のPCを持ち込んでくれて、1人1台の環境が整いスクラッチができた。 <まつだっち>の1人1人に修了証がでた。

  2017年  6年1組&6年2組&6年3組
  本年のプログラミング・デイは、 スクラッチのようなビジュアル・プログラム言語の習得から、テキスト言語への移行を目的としている。 講師は (株)TENTOに変更した。

日 付

使ったソフト

授業の進行の様子  

  第2回目から最初の10分間でタイピング練習を行う。 <まつだっち>の作品やデーターは、ドロップボックスに保存し、関係者が閲覧できるようにしている。

6月08日  ビスケット
 教材-なし
 課題:水族館

  はじめてのプログラミングの授業だったので、低学年向けのビスケットからやってみた。 水族館作りが課題だったが、プログラミングよりも絵を描くことが楽しかった、そんな<まつだっち>もいた。

6月29日  スクラッチ-1
 教材-なし
 課題:迷路

  タイピングの成績は500~800くらい(講師が約3000)。タイピングのスキルはクラス差がかなりある。
  スクラッチの第1回で、ビスケットと好き嫌いが分かれたようだ。 進度の違いが目立ち、講師陣の課題になった。今回から寄小学校のまつだっちも参加。

7月13日  スクラッチ-2
 教材-PDF
課題:フルーツキャッチ

  タイピングの成績は向上している。フルーツキャッチで変数と乱数を学んだ。進度に合わせて取り組めるように、 講師陣がプリントを用意した。プリントをタブレットに取り込んで使ったところ、 まつだっちはタブレットに慣れているので上手くいった。

9月07日

 スクラッチ-3
 教材-PDF
 課題:モグラたたき

 <全クラス共通>「座標」と「乱数」という重要な概念を扱いました。細かい制御ができる面白さは伝わったものの、 夏休みをはさんだ直後ということもあり、理解が難しかったように思います。ネットからの画像ダウンロードを別の回にまわして解説を丁寧に行ったり、 もう一回このあとにScratchのシューティングゲームを入れるなどした方が理解が深まるかもしれません。 ただ、難しいといいながらも、皆投げ出すことなく最後まで頑張っていたのには、感激しました。
  <2組>朝1の授業ということもあり、タイピングソフトの操作から忘れてしまっている子が多かったように思いました。
  <1組>パソコンの基本操作やタイピングが得意なクラスなので、総じて授業が進めやすかったです。 パソコン好きな生徒が多く、発表の希望者も多いのが素晴らしいです。
  <3組+寄小学校>このコマは人数が最大なためか、3コマ目で生徒が元気すぎるせいか、 時間が少しずつ押し気味になり、講師もあせってしまう傾向があるのが反省点です。次回からは内容を少しおさえ気味にするなど、 もう少し気をつけたいと思います。その分、生徒どうしの教えあいが活発で、並んで学ぶ校長先生もその輪に自然とはいっているところが、 とても微笑ましかったです。 以上:澤田千代子

  夏休み明けだったこともあって、前回の内容は忘れている<まつだっち>が多かった。 タイピングも1組以外は伸びが鈍っていた。夏休み明けの対策が必要だと思う。
  内容がやや難しかったようで、<まつだっち>の声 を見ても分かるように、取り残された<まつだっち>が見受けられた。
  希望者だけを相手にする民間の教室とちがって、取り残された場合にどうするか、公立小学校ならではの課題である。 サブの講師などがクラス内をまわって、個別的にマメに補助していくことが不可欠だろう。 以上サイトの管理人

9月28日  Micro:bit-1
 教材-PDF
 課題:操作と基本

 <全クラス共通>Micro:bitの第一回ということで、Micro:bitでのプログラミングツールの操作方法、 「基本」(LEDへの表示処理)「入力」(センサーやボタンからの入力処理)ブロックの使い方及びハードウェアの仕組みの基礎を扱いました。
  特にハードウェア特有の扱いの部分(パソコンに一度ダウンロードしてから、Micro:bitに移動する)部分の理解や操作に苦労している面が 見られたものの、興味をひく力は抜群だったのが何よりの収穫だったと思います。このため、自由制作では、授業内容をしっかり理解した上で クリエィティビティが存分に発揮されたオリジナリティあふれる作品がたくさん作られていました。
  手作りの日本語カタカナ表示プログラムなど、今回は、作品の保存はしない方針だったのがもったいなく感じたほどの力作もありました。
  Micro:bitは、つい最近一般販売されたばかりで、まだ実績や教材のほとんどないツールで各所で試行錯誤が行なわれているようですが、 今回は、その潜在能力の高さを十二分に実感でき、これを中心とした講座設計も今後はありうるのではないかと感じました。  以上:澤田千代子

  マイコンボードを使うという新たな試みに、<まつだっち>は興味津々で取り組んでくれた。Micro:bitは8月に市販されたばかりなので、<まつだっち>が我が国の小学生では一番速くふれたことになるだろう。 今回は寄小学校の<まつだっち>諸君は、学校行事のため欠席でした。
  気になったのは、(株)TENTOからの事前の案内が不充分で、 しかも授業の前日ときわめて遅いことだ。  以上サイトの管理人

10月26日  Micro:bit-2
11月09日 プロセッシング-1
11月16日 プロセッシング-2
11月24日 プロセッシング-3
11月30日 プロセッシング-4